第2章:それぞれの不満

2/16
555人が本棚に入れています
本棚に追加
/209
「文花社の河本です。 この間は撮影のご協力どうもありがとうございます。 予定通りビジュール6月17日発売の7月号に掲載となります。 他何か質問などありましたら、 内田の方にでも、編集部の方にでも、お気軽にお問い合わせください。」 メンズの撮影から二週間がたち7月号のレイアウトも決まり 沙織は退院した内田に頼まれ 読者モデル達に掲載報告の電話をかけている。 その中にはもちろん蒼弥もいた。 「・・・沙織だよね?」 少し迷ったような声が受話器越しに聞こえる。 なんとなく蒼弥への電話は最後に残していた。 「は、はい。」 「そっか、河本さんになってたんだ。」 「それでは」 「待って、今夜会えない?」 「無理です。」 「じゃ、今からは? あと20分で12時だし、ランチでしょ?」 「え」 「文花社の下にカフェあったよね?じゃ、そこで」 「でも」 「俺今からタクるから」 断る隙さえ与えない変わらぬ関係性を沙織は感じた。 ツーツーツーと 鳴る受話器を耳元から離し、 デスクの上を少し片付けた。
/209

最初のコメントを投稿しよう!