新たな村で
1/37
90/126

新たな村で

レイファール王国にいるブロード達は、ガルダンドへ移民する忍軍に、合流したいと言った。 だが、黒鬼は首を縦に振らなかった。 ブロードは兵士としてすでにレイファールの上官達から認められていた。 このまま、レイファールで暮らす方が、ブロードの為だと黒鬼は言った。 それに、レイファールで内情を探っていてもらう方が助かる、とブロードを説得したのだった。 「おかしら~~!!この家の主人がおかしらに話があるって!」 トテカン トテカン コンコンコン・・・ 黒鬼は屋根の上だった。 かん助の声に屋根の上から下をみると、じいさまが上を見上げてなにやら言っている。 「ああ、わかった。」ストン・・・ 「おかしら、ここのご主人が・・・」 かん助の隣で、にこにこと笑顔の白髪のじいさまが話した。 「あんた、いい腕だねえ!聞いたが、まだ嫁もいないんだってな? ここの村長の娘が、あんたをえらく気に入っててなあ、どうだね?」 黒鬼はじっと聞いていたが、目をすいっと屋根に向けると 「俺は流れ者だからな。」と言った。 「流れ者なのは皆知っとるって! だがあんたが皆に好かれているのも、わかっとる! だからどうだ、ここらで所帯を持つというのも、悪くなかろう?」 かん助はどきどきしながら御頭の顔を見つめていた。 御頭の気分がどうなるか心配でもあったのだ。 「まだそんな気はねえよ。」 「もしや、好きな女がいるのか?それならしかたがないな、わるかったよ。 気が変わったらいつでもこの村に来てくれ、歓迎するから。」
90/126

最初のコメントを投稿しよう!