第3話:溢れる、感情

1/25
136人が本棚に入れています
本棚に追加
/433

第3話:溢れる、感情

真琴が嘘をついたってすぐに分かる。 今回だってそうだ。 ちょっとしたノイローゼにしても、なかなか俺に話そうとしなかったのはおかしい。 今まで何でも気軽に言い合ってきた仲なのに……。 あいつは“今日は散々だった”って言ってたけど、様子が変なのは昨日からだ。 昨晩はどうも心が落ち着かなかった。 何か別に、あいつを不安にさせる出来事があったのは確かだ。 どうして。 どうしてあそこまで口を堅く閉じたのだろう。 今更……。
/433

最初のコメントを投稿しよう!