第4話:絡みつく、糸

1/32
136人が本棚に入れています
本棚に追加
/433

第4話:絡みつく、糸

何故と聞かれて、自分でもよく分からなかった。 これまでも大勢の女に手を出してきたけど、今思えば全員快楽を得るための手段でしかなかった。 それなりにデートに付き合ったり甘い言葉を紡いでみたりしたのも、すべて最後に待ち伏せる悦びにたどり着くための布石みたいなもんだった。 それ自体を楽しいと感じたことは無い。 でも、真琴は違う。 こうしたらどうするか、ああ言えばなんて応えるか、そう彼女のことを考えるだけで凄く楽しい。 真琴が俺から逃げたがっているのはよく分かる。 もう少し泳がせてもよかったけれど、彼女を知りたいという欲求が俺を急かした。 好きだと言ったら、どんな顔を見せるんだろう。 真琴は思ったことがすぐ顔に出るのが可愛いと思う。 それを自分で隠しているつもりになっているのも可愛い。 真琴の表情がころころ変わっていく様子を見るのが、好きだった。
/433

最初のコメントを投稿しよう!