人喰い鬼のための物語

1/14
17人が本棚に入れています
本棚に追加
/14ページ

人喰い鬼のための物語

 万年筆の青いインクだけで描いた漫画のページを示し、彼女は言った。 「ここに描いてある人喰い鬼って、わたしのことね」  私は驚いて彼女を見つめた。まっすぐな髪に白い肌、そしてうるんだ大きな瞳の美しい少女が人を喰らう鬼とは。 「鬼に立ち向かう姫君じゃないのか」  尋ねると彼女は細い笑い声をたてた。違うわ、と強い視線で私を見すえて言う。 「わたしにはひとの命を奪い取る力があるのよ」  それは昭和二十一年の、暖かい春宵のことだった。
/14ページ

最初のコメントを投稿しよう!