8 やっぱり〆は何時も場所で

9/9
108人が本棚に入れています
本棚に追加
/100ページ
 そんな瀬田を目の肴にして、秋川はロゼワインを飲んだ。 そしてつぶやく。 「晴季、後で昼寝しようか?」 一緒に。と秋川が付け足した途端に、瀬田が笑う。 その判り易さに秋川も又、笑った。  バカみたいに楽しいのは、昼酒が回っているからだけではないだろう。 秋川は、つながれたままでいる瀬田の手を強く握り返した。                     終    。
/100ページ

最初のコメントを投稿しよう!