JUN・BUN

ぼくは本を読む。

14 94

ヒューマンドラマ 休載中 過激表現
15分 (8,935文字)
エッセイと小説の中間、でもちょっと小説より。

あらすじ

ぼくは「本」を読む。 どうしようもないときに、読む。 ぼくは「本」を語る。 どうしようもないというきみに、語る。 読書は「個人的な事件だ」 これは「読書記録」「文学案内」の形式をとった 物語、つまり

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る