01 SIDE-K

1/2
138人が本棚に入れています
本棚に追加
/148ページ

01 SIDE-K

耳に飛び込んできたのは、近くの波の音と遠くの海鳥の鳴き声。 更に耳を澄ませば、音楽が聞こえる。 (かす)かに。そして(かす)かに。 音が聞こえそうな程、照りつける太陽。 波と反対側からの、リズミカルなクラクション。 ココナッツが混ざったような、潮の香。 口の中の、血の味。 サラサラの、砂。 砂が入らないように瞳を開ければ、眼前に広がるモノクロームビーチ。 視覚からの情報は、目の奥に鉛のような鈍色(にびいろ)の痛みを与える。 どれくらいの間、僕はここで気を失っていたのだろうか? どれくらいの時間をかけて、僕はここまで流れ着いたのだろうか? どれくらい考えたら、自分の問いに答えが導けるのだろうか? そんなことをただ漠然と思案しているのには理由があった。 僕は自分自身に関することを全て忘れてしまっていたのだから。 考えることが面倒になり、ゆっくりと目を閉じた。 沈黙に飽きたら、きっとまた同じ問いを繰り返すのだろう。 僕は再び、いや何度目かの眠りに落ちた、この美しいビーチで。 7b56d660-d634-4fec-857c-c6e0a06ecb62
/148ページ

最初のコメントを投稿しよう!