二章

25/25
484人が本棚に入れています
本棚に追加
/85ページ
 ベルネの家族にも状況を知らせたが、報酬を貰えれば、後は好きなようにと言った感じだ。正義感など持ち合わせていないため、家族の在り方などに口出しするつもりはない。  が、ベルネの報奨金はベルネのものだ。こいつが起きるまでは俺が預かることにした。     ただ、当の本人は一月経った今もまだ目を覚まさない。 「いい加減起きろよ、この…」  俺は口を噤んで、ベルネの冷たい手を握った。           
/85ページ

最初のコメントを投稿しよう!