さよならは翼ある言葉

赤く腐り落ちる世界の果てで、二人はさよならを拒絶した。

3 134

恋愛 完結
13分 (7,749文字)
現代でありながら幻想的な雰囲気が出るように描写しました。

あらすじ

世界滅亡×純愛 「さよならの理由」応募作です。 ※小説投稿サイト「ハーメルン」において増補改訂版を公開しております。(ほいれんで・くー『ラインの娘』参照)

サブジャンル

タグは登録されていません

その他のキーワード

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

あえて設定のすべてを語らぬ一方で、優れた情景描写が素晴らしかったです。絶望的な状況の一方で、主人公たちを取り巻く世界の美しさと儚さが描かれることで、彼らの純愛がより色濃く描かれているのではと思います。

その他情報

公開日 2018/9/17

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る