マリアを、笑うな。

1/11
13人が本棚に入れています
本棚に追加
/11ページ

マリアを、笑うな。

ある日、小さな賞が話題になった。 有名な画家が年齢制限なしで年に一度、開催している絵画のコンクールだった。  海外で個展を開いたり、絵画教室をしている美しい女性が主催するコンテストで、小さな賞だが評価が高く注目されている。 審査員は、その画家である女性一人。 最年少でその賞を録ったのは幼い少女。 美しい女性が剣を握り、子ども達を庇う場景だった。 絵のタイトルは「聖母マリア」 清らかなイメージを冒涜すると、信仰に厚い人々は彼女を罵った。 人々がその少女に抱いていたイメージは、僻み嫉妬から産み出されるもので、作り上げられていた。  SNSもしていない少女の、偽りの情報は拡散されていく。 生意気、根暗、引きこもり、屁理屈、 頭がイカれた少女だと、騒ぐ人までいた。 けれど、実際は……。 授賞式に現れた少女は、とても賢く聡明そうな顔つきに、綺麗な長い髪。 利口で大人びた顔つきと口調。真っ赤なワンピースは、皆が振り返る程に鮮やかだった。
/11ページ

最初のコメントを投稿しよう!