二話

1/34
106人が本棚に入れています
本棚に追加
/50ページ

二話

【一年と少し前】 眠い目を擦りながら、テレビをつけスマホでニュースをチェックし今日のスケジュールを確認する。テレビの前のローテーブルには、画面が開きっぱなしのノートPCに修正中の企画書。 また、システム管理部の連中から文句が出そうだ。データそのものはPCの中にはない。会社のクラウドデータベースに繋いでいるだけだ。 最近は特に連中が煩い。セキュリティの観点から言えば当然なのだろうが、残業も多くは認めない、それといって業務の遅れも許されないのだから理不尽だ。 自宅で仕事をすれば、サーバーに記録が残る。現場を知らないコンプライアンスの部署にしてみれば許されない行為なのだろう。 以前なら、データだけ抜き出して自宅に持ち帰る事も可能だったのだけれど、会社のPCにUSBメモリでも刺そうものなら、瞬時にアラートが表示される。 嫌な世の中だ。
/50ページ

最初のコメントを投稿しよう!