迷いの中で-2

2/21
62人が本棚に入れています
本棚に追加
/21ページ
でも、嫌いじゃない。 一度、電話は切れる。 しかしすぐ二度目の電話がかかった。 ーープルルルルル。 「佐藤さん……」 「出ちゃダメだ」 彼の力が強まる。 スマホは佐藤さんの手の中。 自分でも出たいのか出たくないのか、もうわからなくなってしまう。 着信音が止まった。 さすがにもう鳴らない。 二度目も春立さんだったのだろうか。 「……飯島」 ようやく佐藤さんが離れる。 彼は男の顔をしていた。 初めて見る顔だ。 「好きだ」 心が震える。 「俺を選べよ」 きっと、その方が楽だ。 それはわかる。
/21ページ

最初のコメントを投稿しよう!