3/3
9人が本棚に入れています
本棚に追加
/25ページ
(さっちゃん、ありがとう・・ありがとうね) おばあちゃんは それだけ言った後 私の背中を ポン ポン と軽くたたいていた。 小さい時 よくそうしていたように・・・ 子守唄を歌いながら私が寝付くまでそうしてくれていたように・・・ 涙が溢れてきた。 思い切り振り返って おばあちゃんにお礼を言いたい気持ちを必死で抑えながら 泣いていた。 心の中で (おばあちゃん ありがとう) (おばあちゃん ありがとう) そう 何度も呟いた。 突然 フワッと背中が軽くなった。 次の瞬間 部屋の空気が変わった。 いつもの静かな何もない部屋。 おばあちゃんは 逝ってしまった・・・
/25ページ

最初のコメントを投稿しよう!