化して生くる者の戻らざるや如何に 〈明治妖狐譚 異聞〉 少佐の巻

 その壁の穴は、狐穴と呼ばれている。魅入られた男どもは…

6 67

7分 (4,022文字)
 斬った斬られたの延長の話。

あらすじ

 明治維新から数年、目的を見失ったかのような思いで、荒れた生活を送る舩坂和馬少佐。  金もない身で吉原の遊郭を冷やかしに行った帰り途、妖しの出来事と世俗の揉め事に巻き込まれ…。  後悔とともに思い

読者の感情

その他のキーワード

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/9/22

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る