第四話 グレラス・ドラガン16世

1/34
36人が本棚に入れています
本棚に追加
/2047

第四話 グレラス・ドラガン16世

むかぁーしむかし、 さらに大むかしのお話。 暗いくらぁーい宇宙に星が誕生しました。 その星には大いなる未来が待っています。 そうです、この星には多くの生物が宿る可能性を持っていたのです。 この星に一匹の龍が生まれました。 赤い体に赤い眼。 この龍は、グレラス・ドラガンと自分自身に名前をつけました。 龍は全身を少し長細い扇形の鱗で包み込んでいます。 首は長く、頭は少し大きい。 頭や首に生えている鱗は体に生えている鱗よりも丈夫です。 その鱗の先は、どんなものよりも硬くて、まるでたくさんの角が生えているようです。 翼は大きくて、その中央部分よりも少し内側に小さな前足があります。 その指は6本あります。 翼に比べて胴はすごく細いのですが、胸は大きく雄雄しいのです。 後ろ足は強靭で、大きな岩など簡単に押し潰してしまいます。 尻尾の鱗もとっても丈夫でトゲだらけです。 尻尾の長さは、頭から足先までの長さと同じほどあり、巨大なものです。 火龍グレラスの全長と翼を広げた大きさは、どちらも300マルリほどあります。 小さな丘などは、その翼で隠れてしまうほど大きいのです。 こんなに立派な体を持っているのに、グレラスは気に入りません。 そう。     
/2047

最初のコメントを投稿しよう!