さよならは知らない顔で

母さんは、泣きたいだけの人なのだ――。

緒方あきら

4分 (2,324文字)

0 19

あらすじ

 母さんは泣きたいだけの人なのだ。  それを理解するのに、実に二十年の歳月を要した。  母がとりわけこだわったのが私の顔だった。  醜く生んでしまってごめんなさい、と母は何度も涙ながらに詫びた。  

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る