1ボッチ「さみしくなんかないですわー!」

1/2
32人が本棚に入れています
本棚に追加
/16ページ

1ボッチ「さみしくなんかないですわー!」

 ごきげんよう。あたくし落合(おちあい)てりお、と申します。  伝統と格式の由緒正しき公立校……コスモ☆ポリタン学園で生徒会長の任をつとめる、カリスマJCですわ♪  名門の誉れ高い落合家の一人娘として、幼少のみぎりより英才教育を受けておりました。その甲斐あってか、学業、スポーツ共に常にトップの成績をキープし続け、先生がたの信頼も厚く、全校生徒の憧れの的……なんて言ったら自慢みたいですけれど、決してそんなつもりはございませんわ。あたくしだって、道端にありふれてる犬のフンみたいな一般ピーポーと同じ、普通の生活を夢見る一介のスーパーセレブエリートに過ぎませんのよ。 「まあ、ご覧になって。  落合様が廊下をお歩きになっておられるわ」 「お美しい! 後光が眩しすぎて直視できない!」  困ったものです。  ただ歩いているだけだというのに、遠巻きに見つめる生徒が黄色い悲鳴でBGMを奏でるじゃありませんか。 「まあ、今度は階段を、階段をのぼっておられる」 「あんなにも優雅に、階段をおのぼりになるなんて! 人間業じゃあないわ! まさに、天孫降臨のごとし!」  降臨って、それだと降りているのでは……  うぅーん、どうにもやりづらいですわ。皆さん、このあたくしを神のごとく崇め奉るのはわかるのですけど、一挙手一投足にこうもオーバーなリアクションが返ってくるとなると、うかつに変な行動とか出来ませんわね。  この息苦しさ、日常の閉塞感こそ、エリートたる者に課せられた抗えぬ(カルマ)とでもいうのかしら? うふふふ。 「今度はおひとりで微笑んでおられるわ」 「きっと大宇宙の意志を受信なされたのよ。あの口角の上がり具合からして吉兆。地球の未来は明るいわね!」  なにその占い!?  あんたらの想像の中であたくしどうなってますの? そんなん完全にヤバい人じゃないですか……きゃあ! 階段の途中で、思わず勢いよく振り向いた事が災いし、五段重ねのお弁当箱を勢いよく落としてしまいました!  え、ちょっ……さっきから見てるお二人!  目の前に人のお弁当箱が落ちたのに、なぜ黙って突っ立ってるの? 拾うくらいしてくれてもいいんじゃ…… 「どうしましょう。お助けしたいのはやまやまですが」 「私どものような身分のいやしい者が、落合様の私物に汚い指で触れるなど出来ません! 恐れ多くてっ!!」  えぇー……
/16ページ

最初のコメントを投稿しよう!