第二章

1/22
425人が本棚に入れています
本棚に追加
/242

第二章

あたしの一人暮らしが始まった。 どんなに苦しくても、生活水準は落としたくなかった。 プライドは持ったままでいたい。 どんなにそれが、哀れなプライドでも。 離婚は簡単な話し合いで決着がついた。 あたしも、今更反論したくない。 姑が一人、血圧を上げながら騒ぎ立てていたけれど… 自分の浮気が原因だと雅樹が告白して、その口は閉じられた。 …うちの両親は、あたしの憔悴しきった顔を見て、何も言わなかった。 慰謝料はいらないと突っぱねた。 それじゃ気が済まないと、雅樹は貯金を全部あたしに渡した。 だけど、それを使う気はない 。 頑固だと言われても、そのお金で生活はしたくなかった。 少なくても、あたしにも貯金はある。 「もうすぐお式ですね。」 すぐに頭を切り替えた。 あたしには仕事がある。 それに、あたしはまだ若い。 まだまだ充分やっていける。
/242

最初のコメントを投稿しよう!