第三章

1/28
417人が本棚に入れています
本棚に追加
/242

第三章

「…できてる…」 トイレで独り言。 妊娠検査薬のそれは、ハッキリと妊娠を告げていた。 あたしは、妊娠している。 子供が欲しかったわけでも、欲しくなかったわけでもないけど…純粋に嬉しいと思った。 相手が亮太でも。 ただ、亮太にそれを告げて結婚したいとか、そういう気持ちは浮かばなかった。 「話って何?」 亮太の彼女は日曜日も働いてるし、休日を持て余してるに違いないと思ったあたしは、彼を呼び出した。 案の定、亮太は嬉しそうな顔で約束のカフェに来た。 「あのね…」 「うん。」 「あたし、今…仕事してないの。」 「えっ?」 カップに口をつけようとして、亮太はその手を止めた。 「どう…して?」 「実は、もう半年ぐらいしてないの。あたしもなぜか分からない。仕事が急に来なくなって…」 「来なくなって?」 「悪い噂がたってるから、仕事させられないって。」 「悪い噂って、どういう…?」 「分からないの。誰もハッキリ教えてくれないし…」 「…あの男の人との事とかじゃ…?」 亮太は、しどろもどろ。 あきらかに動揺している。
/242

最初のコメントを投稿しよう!