すべてのはじまり
1/29
/199

すべてのはじまり

「「下北学園高校、合格おめでとう!!」」 パンッ!!というクラッカーの破裂音と前に座る両親の声が揃う。 「へへっ、ありがとう///」 照れ臭くて頬をかきながら答える。 「ほらほら、ご馳走たくさん作ったから食べて食べて!」 母さんに進められた唐揚げを食べながら、隣に座る妹を見る。 「稚佳にぃ、おめてとぅ?」 おにぎりをモグモグとしながらキョトンと見上げてくる。 四歳の妹はほんとに天使だ。 可愛いに越したことない。 この世で一番可愛い子だよ、幸香は。 「ありがとう。」 幸香の口の端についたご飯粒をとって口にいれる。 頭を撫でてやるとえへへ、と目を少し細める。 「稚佳、おめでとう。よくやったな。」 「うん!蓮斗さんありがとう!」 僕の憧れの蓮斗さんは、母さんの弟。 つまり、僕らの叔父さんだ。 そして、これから僕が通う下北高校の数学教師でもある。 下北高校を志望した理由の一つがそれなんだよね。
/199

最初のコメントを投稿しよう!