優しい呪いの使い方

1/13
63人が本棚に入れています
本棚に追加
/13ページ

優しい呪いの使い方

 目が覚めるとそこには、わたしを食い殺さんとばかりに大口を開けたくちばしがあった。  ショベルカーかよ、と思った。  砂利や土砂をえぐるあの重機の、まさにえぐる部分が下は見慣れた格好で、上は逆さに引っくり返って重なった形でそこにはあった。  色はくすんだ黄色。上のショベルが若干下のものよりせり出していて、その先端がとがっていなかったら、突貫工事の重機が深夜にアパートの壁をうっかりぶち抜いたのかと思うところだ。  ぱっかり開けた喉の奥で、充血した真っ赤な喉仏が震えていた。  この大きさなら、わたしの頭を十個分くらいは容易に飲み込めるだろう。などと、暢気にかまえている場合ではないな。 「……(りん)(びょう)(とう)(しゃ)」  まっすぐ正面から目をそらさぬまま、眠気でややボンヤリした頭で唱えはじめる。手は、暗闇の中、枕元をまさぐる。どこだ。 「(かい)(じん)(れつ)(ざい)――――」  くちばしは、すでにわたしの額にかかっている。生臭い息。長い舌。  わたしの手がソレを見つけ出し、握り、その噴射口を相手の目があると思われるところへ向けたのと、腹の底から声をしぼり出したのとはほぼ同時だった。 「――――(ぜん)!!」
/13ページ

最初のコメントを投稿しよう!