喫茶『こんぺいとう』 初来店

1/6
26人が本棚に入れています
本棚に追加
/42

喫茶『こんぺいとう』 初来店

次の朝、杏菜は緊張をした顔で学校に行った。 私と約束したから守らなければいけない。 決して「行きたくない」と口にしない娘を見送りながら、 『頑張れ』 と心の中でエールを送りながら、娘の生真面目さが心配でもあった。 杏菜が学校に行ってしまうと、頭の中は娘のことでいっぱいになっている。 学校で嫌な気持ちになっていないだろうか? 独りぼっちになっていないだろうか? 先生は上手くやってくれているだろうか? 杏菜が楽しく過ごせますように。 祈る様な気持ちでいた。 瑞穂は家事も手につかず、家に居る事さえ耐えらなくなり外へ出た。 今、旦那は単身赴任中。夕飯などは2人分でいいし、駅前のスーパーで何かお惣菜でも買ってきてしまおう。 そう思って駅へと向かう。 丁度小さな公園を通りかかったとき、ふと近くにあるお店に目が行った。 喫茶『こんぺいとう』 そのお店の看板は木で作られていて、「こんぺいとう」みたいに甘くて可愛いイメージと遠く感じる。 こんな所に喫茶店なんてあったっけ? 店からはコーヒーのいい香りがふわっと瑞穂の所にやってきた。 ここでコーヒーでも飲んで気持ちを落ちつかせよう。 瑞穂は自然とそう思って店に入っていった。
/42

最初のコメントを投稿しよう!