第0話 設定と登場人物

1/7
132人が本棚に入れています
本棚に追加
/198ページ

第0話 設定と登場人物

■設定(一部ネタバレするかも知れないので嫌な人は「第1話発現」よりご覧ください) 日本の真ん中あたり太平洋側 C半島の先にある島「おんべ島」(おんべじま)が物語の舞台。 島に住む神社の娘で巫女の「シノ」が島に出現する 邪(じゃ)を祓う話。 島には神社が2社ある。 「神日月神社」(かいづき) 「八月神社」(はづき) それぞれの社の神がシノに神の力を与え邪との戦いをサポートする。 戦う相手は 邪 と呼ばれる正体不明の出現した地を荒らすといわれるもの。 邪は定期的(20年に一度など)に現れており、この物語はそのサイクルの1つとなる。 ほとんどの人は邪と神の力を得た少女が戦っている事を知らない。 (物語では主人公達が意図して分からないようにしている) 神は地球上だが人の世界とは異なる次元におり、この世界には目印を頼りに訪れる。 目印は神社などであるが、近年の人間たちの活動(主に電気を使う事)により判別が難しくなってきている。 なお、神さまの世界ではこの目印を しるし と呼ぶ。 おんべ島では正月の1月3日~4日に祭礼があり、1月3日の夜6時から30分だけ神さまのため電気を消す風習がある。     
/198ページ

最初のコメントを投稿しよう!