2.踊る!羽曳野 柚李

30/68
45人が本棚に入れています
本棚に追加
/696ページ
色白でフェミニンな雰囲気も併せ持つ蒼汰は、確かに『クマ』というよりは『ウサギ』のイメージかもしれない。 「見た目はウサちゃんでも、中身はクマだからね」 学園の門を抜けて走ってくる柚李をモニターで確認しながらニヤリと笑う蒼汰は、やはりウサギの皮を被ったクマなのかもしれない。 「おっ!柚ちゃん、来たみたいだね」 白蓮の声に、朱音と玄樹もモニターを見る。 そこに映る柚李は、まるで短距離選手であるかのように全速力で走ってくる。 「あいつ、まーたあんなボッサボッサの髪の毛で!」 人一倍おしゃれに気を遣う朱音が、思わず立ち上がって言った。 「今日は一段と荒れてるな」 玄樹の言うとおり、柚李は髪を振り乱しただけでなく、よく見れば制服のブレザーのボタンも掛け違えているように見えるし、靴下も長さが違う。 そして、その右手の先には黒色のキャリーケース。 キャリーケースは、ここに来るまでにもきっといろんな所にぶつけられたのだろう。 至る所がボコボコに変形しており、どこかに擦ったのだろう、一部塗装が剥がれているところも見受けられる。 必死になって走る柚李の姿を見て、蒼汰は大爆笑である。 そんな蒼汰を見て、他の3人は『やっぱり蒼汰はクマである』と改めて思った。
/696ページ

最初のコメントを投稿しよう!