第5話 パパの尻尾切り

1/1
1人が本棚に入れています
本棚に追加
/30

第5話 パパの尻尾切り

 連日の大雨も止み、快晴の日のある午後。   都内の交番に、薄汚れた箱を持った1人の少女が現れ、こう言った。 「すいません、お父さんを捜しているんですが、ここでお願いできますか?」 「ん? 迷子かな? 君とお父さんのお名前を教えてもらっていいかい?」  交番の警察官は、少女に優しく問いかける。 「藤倉 蘭です。お父さんの名前は……分かりません」 「分からない?」  警察官は困惑する。父親の名前が分からなければ捜す手間も増えるし、まず娘が父親の名前を知らないなんてことがあるのかと。 「お父さんが誰だか、分からないんです。だから、『これ』を持って検査をお願いしなさいって……お母さんが」 「えーっと……これは、何かな。随分と汚れているけど」  そう言って、少女は警察官に箱を手渡す。  所々が赤黒く汚れ、重量もそれなりにある箱。  警察官は、その箱を何の疑いも無く開く。 「う、うわああああああああああ!」  警察官は驚きのあまり箱を床に落とし、その中身が散乱する。 「き、君……これは」 「パパたちの精巣と、ママの卵巣です。これで本当のパパを教えてもらいなさいって。それに、『これ』が無ければ、もう私たち以外の『偽物の家族』を産むこともできないから、みんなずっと一緒だよって」  交番の床に転がっていたのは、赤黒く汚れた人間の『精巣』3つと『卵巣』1つ。  それを拾い上げた、少女は言う。 「私のお父さん、知りませんか?」
/30

最初のコメントを投稿しよう!