第零章 次なる物語のピース

1/20
113人が本棚に入れています
本棚に追加
/742

第零章 次なる物語のピース

第1話:宮原琢磨 「聖陵に入ります!」  12月にそう宣言した青年がいた。  その青年は短髪で顔は整っており、所謂イケメンとも呼ばれる程。  そしてキリッとした眉毛が特徴である。 「え?・・・マジで?」 「マジです!」  その真っ直ぐな目を向けてハッキリと言い放つ青年。  彼の名は宮原琢磨みやはらたくま、静岡シニア所属の野球選手である。  そして琢磨の向かいにおり少し困った表情をしているのは、彼の一つ上の先輩である横山俊哉(よこやまとしや)だ。 「迷いはありません!俊哉さんと野球がしたいんです!」  堂々と、ハッキリと言う宮原琢磨。  これは、彼が聖陵に入るまでのちょっとした物語である。     
/742

最初のコメントを投稿しよう!