化して生くる者の戻らざるや如何に 〈明治妖狐譚 異聞〉 十五郎の巻

短く、ふわりとした民話風の話

3 48

3分 (1,780文字)
昔話、民話っぽい?

あらすじ

 昔話や民話が好きな方は、ぜひ読んでほしいと思います。  罠にかかった動物を助けての恩返しもの。なぜか悲しい結末を迎えることが多いわけですが。  希望を残すような話が書きたくて。  明治妖狐譚

シチュエーション

タグは登録されていません

その他のキーワード

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2018/9/29

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る