受験前戦争
1/9
1/9

受験前戦争

「子供の頃、黒服の人がたくさん居た時があって、凄いボディーガードの数だなぁと思ってたら、じいちゃんの葬式だったんだ」 「何の話!? 洋介、大丈夫か!? 俺らこれから受験だぞ!! 勉強しすぎて頭おかしなったんか!?」 「そうかも知れん」  僕と洋介は幼なじみだ。  お互いバカだが、同じ高校に行こうと言って、必死で地元の三流高校を受験する事にした。  そして今日が受験日の当日。  憂鬱過ぎて足取りが重かったが、お互いに励まし合いながらも受験会場に向かう途中なのだ。 「純。ここまできたら、もう謎かけしよう」 「どういう流れ!?」
1/9

最初のコメントを投稿しよう!