意地っぱりな薬指

2/18
546人が本棚に入れています
本棚に追加
/18ページ
あの日、終業時刻間近─── 私はやりかけの仕事を終らせようと必死に なっていたために、周りの空気が、正確には 女性社員達が急に騒がしくなったことに、 気づいていなかった。 だって必死にもなるでしょ。 彼氏とのデートは久しぶりなんだもの。 だから、意地でも終らせないと。 「高橋さん、ちょっと良いか?」 「なあに?りゅ、じゃない、御手洗(みたらい)さん」 おっと、危ない、危ない。油断してた。 偶然にも本人のことを考えていたせいで、 いつものように『隆司(りゅうじ)』と呼んでしまう ところだった。 今更ながら気づいたけれど、周囲の騒がしさは この男のせいだったのか。 「で、何の用?」 弛みそうになった口元を引き締め、隣に立った 長身の男を見上げると、目の端には恨めしげな 顔をして、こちらを窺う女性達が見えた。 「ああ、文香(ふみか)に頼みが……」 「あ!ちょっと待った。この文書、 保存するから」 大声で彼の言葉を遮り、さも慌てたように パソコンを弄る。 そうしてからキッと彼の顔を睨み付けた。 『社内で名前呼びをするな』という 警告を込めて。
/18ページ

最初のコメントを投稿しよう!