十年たまごが孵るまで

1/11
5人が本棚に入れています
本棚に追加
/11ページ

十年たまごが孵るまで

 あれは二〇〇七年の夏だった。 「あのさあ、俺、お前のこと好きかもしんない」  じわじわと耳に滲みるセミの声を切り裂くように、中島くんがそう言った。白いシャツの裾をベルトの上でひらひらさせて。中島くんの首筋は汗できらきら光っていた。 「気持ちは嬉しいけど」  と私は言った。十七歳。私たちは夏の真ん中に立っていた。 「そっか」  中島くんは白い歯を見せて笑ってくれた。そしてちょっと顔を下に向けて「ていうかお前、好きなヤツとかいんの?」とあくまでも素っ気なさを装ってそう訊いた。 「いるよ」  と私は答えた。中島くんよりずっとずっといい男なの。背が高くて、年上のひと。 「そっか」  とだけまた言って中島くんは肩をすくめた。じわじわ鳴くセミの声が私たちの微妙な距離の間を埋めていった。
/11ページ

最初のコメントを投稿しよう!