第一章 遭遇

1/26
171人が本棚に入れています
本棚に追加
/115ページ

第一章 遭遇

小さな頃から夢見ていた。 真っ暗闇の中、私が立つ場所にだけ光が当たり、その静寂の中響き渡る高らかなアリア。 真っ暗闇の中だというのに私を見つめるそのひとりひとりの表情は壇上からも窺い知れ、やがて歓喜の声が私の全てを包むのだ。 ───そんな歌姫になりたいと、私はずっと夢見ていた
/115ページ

最初のコメントを投稿しよう!