受賞

ときめき爆弾

朝、目覚めたら妻がいなかった。彼にとっては悪夢だった…

23 154

10分 (5,549文字)
初老というにはあまりにも若々しくしなやかな女達の一人が言った言葉からできた物語。

あらすじ

タイトルほど可愛いお話じゃありません。 胸キュンも、ワクワクドキドキもありません。 中年~初老女の話です。^^; あー公開しておいてよかったー… 推敲途中で締め切り来ちゃった。 毎回毎回こんな事ばっ

タグ

感想・レビュー 1

母娘の気持ちに共感しながら読み進められたので、読後スカッとしました。
1件1件

この作者の作品

もっと見る