緑の届出

1/1
23人が本棚に入れています
本棚に追加
/9ページ

緑の届出

杉生(すぎお)が妻に起こされずに目が覚めたのは、 何年ぶりだろうか。 しん、と空気が冷たい。 この季節なら、妻がストーブをつけているはずだから 暖房器具の無い寝室も生暖かい空気が流れているはずなのに。 壁の時計を見て驚く。もう7時半だ。 どうりで障子の向こうが白光りしている。天気がいいのだろう。 見ると、となりにのべられた布団には人が寝た形跡がない。 杉生はあわてて起き上がる。 障子を開けてパジャマのまま廊下に飛び出す。 思った通りいい天気だ。 庭の山茶花が陽光を浴びてちらほらと咲き始めていたが、 杉生の目には入らない。 スリッパも履かず、冷たい廊下をどたどたと足早に通り過ぎる。 「寿美子ぉ、寿美子。」 人の気配がしない。 茶の間のドアを開ける。 庭へ続くガラス戸のカーテンは開いていて、 レースのカーテンだけが掛かっている。 澄んで冷えた空気。長い間人がいなかった事を教えてくれる。 杉生はダイニングテーブルの上に紙を一枚発見した。 近づく。 緑色の線が複雑に引かれている。書類のようだ。 黒で、妻の名前が書かれている。 もう片方は空欄だ。 杉生は書類の名前を見て目を疑う。 「離婚届」 とあった。
/9ページ

最初のコメントを投稿しよう!