写真部とか、どうですか

1/6
16人が本棚に入れています
本棚に追加
/222ページ

写真部とか、どうですか

「おい、佐伯。お前、写真とかどう?」 「え? は、ど、どうって?」  現国の犬飼先生が、藪から棒に俺に尋ねる。  もちろん、授業中ではない。2限の終わりのチャイムが鳴って、いつも通りに机に突っ伏して中休みをやり過ごそうとした時に、つかつかと歩み寄って来たかと思えば、突然前の席に座って、ぐるりとこちらを向いた。  よれよれのシャツに緩めに巻いたネクタイを、さらに指で解きにかかりながら、俺を横目でちらと見る。 「お前、部活とかまだだよな。写真部とか、どう」 「どうって言われても…」  うちの学校、帰宅部とか、なしだっけ。というか、秋の風が吹き始めた今更に、部活とか言われてもピンとこない。  入学以来ほったらかしにし、夏休みの間にすっかり伸びてしまった前髪の隙間から、犬飼先生を見返す。ぼさぼさの髪に無精ひげ、こんなにだらしなくて、いいのだろうかと、しげしげと眺めてしまうが不潔感はない。こう、かさっとしたワイルドなおじさん、という感じでかっこよくもある。 「よし、決まりだな。これ、はい、入部届」 「や、先生、俺まだなんも言ってない」     
/222ページ

最初のコメントを投稿しよう!