夜がれそむるを詠うとき

現代と中世を貫くエロスと妄想が織りなすミステリー&ロマンワールド/乾いた愛欲の果て

27 871

2時間50分 (101,750文字)
小説による小説の破壊的小説。読んでいくうちに、ふと、背後を振り返ってしまう、そんな作品かも。

あらすじ

 彼はリストラが切っ掛けで離婚した。その後、転職が続いた。彼は再就職先で知り合った女と肉体関係を持った。その関係は長らく続いた。だが、彼は別れた妻のことが忘れられず、煩悶の日々を過ごした。そのうち、彼

感想・レビュー 2

拙いながら、レビューさせていただきます。 内容が素晴らしいのはもちろんですが、何よりもまず文章力が圧倒的で、小説世界にするすると入っていけます。ご自分の文体をお持ちの方ですね。 樺山さんが次にどんな

※このコメントはネタバレを含みます

その他情報

公開日 2018/10/22

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る