近づく気持ち、向き合う覚悟

3/47
1195人が本棚に入れています
本棚に追加
/222ページ
紫ちゃんは奏ちゃんの言葉を面白く思ってないようだけど、確かに紫ちゃんが奏ちゃんの婚約のことまで香織さんに話してなければ、私もあんなに落ち込まなかったわけで…… 実は奏ちゃんの言う通りなんだよな、とちょっとだけ思ってしまったことは紫ちゃんには内緒だ。 紫ちゃんは、不機嫌そうな表情を隠さず、 「奏一くんだけには言われたくないわよ。奈緒子ちゃんのことを、10年以上も『ややこしく』してたのは、どこのどなたさんだったかしらねぇ」 と嫌みたっぷりに言った。 そんな紫ちゃんの嫌みを気にする様子もなく、奏ちゃんは「ひどい言い様だな。紫は昔『どこのどなたさん』のことが好きだったんじゃなかったっけ?」と、さらっと紫ちゃんがいちばん言われたくない過去を話してしまった。 「1つだけ過去を消せるとしたら、『どなたさん』を好きだった過去を消したいわ。今すぐにね」 紫ちゃんは、心底後悔しているように、そう言い切った。 「あら、面白そうな話しになってきたわねぇ」笑顔で話に入ってきたのは、志帆さんだ。 紫ちゃんは特に慌てた様子もなく、「10年も前のことを未だに蒸し返される私の気持ちも分かってくださいよ」なんて言っている。
/222ページ

最初のコメントを投稿しよう!