【第4章】初デートは海へ
全4/28エピソード・完結
91/777

【第4章】初デートは海へ

「……海!? 今から?」 「はい。小夏さんの大好きな、軽トラックも用意しました」 ギプスが取れて、晴れて自由になった私に、朝から眩しい笑顔が向けられた。 ここで生活するようになって、一週間。 ユキちゃんはずっと当直やら緊急のオペやらで、朝になっての帰宅だった。 一緒に朝食を取って、彼は就寝。 その間に私は、掃除やら洗濯をして、工場の事務作業を片付ける。 夕方になってから、一緒に買い出し。 工場に寄って、病院に行き。 リハビリが終わったら、タクシーで帰るという生活。 あれから彼は、約束通り私に指一本触れることはなく、なんだか拍子抜けしてまった。
91/777

最初のコメントを投稿しよう!