摩天楼の夜に啼く

愛なんかいらない。オレを壊して。識字障害を抱える男娼の苦悩とエロスと恋

衣夜砥

BL 完結 過激表現
20分 (11,782文字)
お立ち寄りくださりありがとうございます。現在は冒頭のみ公開しています。

2,065 1.2万

あらすじ

場所は六本木。男性客専用の高級男娼館『紳粧館』に勤める売れっ子の凛那は、親に捨てられ識字障害という二重苦を抱えて、捨て鉢に生きている。馴染み客である英からの身請けを断り続ける中、タチ専トップ男娼の桐生

感想・レビュー 5

好きです

自分の心に素直になれない作品は他にもたくさんありますが、この作品は一筋縄ではいかない展開ですごく読んでいて面白かったです!ただのBL作品として楽しむだけじゃなく愛されることの難しさや素晴らしさを、すご
2件2件

牴牾しいけどそこが良い

ハンデを背負って生きている凛那の遣る瀬無さとか、伝えたくても伝えれない弄らしさ、誰に頼ろうともせず凛とした強さで前に進もうとする姿に感情移入してしまいました。BL作品を読んできた中でもとても心に残って
2件1件
始終泣きながら読みました。 凛那の痛々しい純粋さと桐生の深い愛に溺れました。 2人のなにげない日常風景の続編、短編で良いのでぜひお願いします。
ネタバレあり
2件1件
もっと見る