兼子 清雅 (かねこ きよまさ)

1/1
14人が本棚に入れています
本棚に追加
/47ページ

兼子 清雅 (かねこ きよまさ)

警察官、と言ったら、確かに聞こえはいいかもしれない。正真正銘の、正義の味方。わざわざ憧れてなる人も、きっと、たくさんいるんだろう。 だけど、俺は、そんなんじゃない。そんな、格好いいものじゃなかった。 俺には、やる気とか、意欲、とか。 そんなものが、端からなかった。 給料もいいし、将来も安泰だ、っていう理由だけで決めた職業。危ないことは好きじゃないから、無難に交番勤務をして。プライベートでは無難に恋愛して、無難に結婚して。そして無難に定年退職して年金をもらいながら、貯金を崩して生活して。最期は妻と子どもと、できれば孫に囲まれて死ぬことができたらいいんじゃないかなぁーって。そんな大したことはないけれど、よくある幸せな風景っていうのが、俺の人生の理想図だった。 だけど、そう、上手くいくわけなんてない。人生の、一日にも満たない一瞬の出来事が、思い描いたルートを、百八十度変えてしまうことだってある。 なんてことを、俺が思い知るのは。 貴方の飴色の瞳が頭から離れなくなったあの日から、もう少し後の話。
/47ページ

最初のコメントを投稿しよう!