推しの舞台に行く理由

私が「推し」の舞台に行く理由

綾乃

恋愛 完結
1分 (532文字)

3 568

あらすじ

その人は突然現れた。キラキラ輝く妖精の粉と甘い香りをまとって。

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

その他情報

公開日 2018/10/15