プロローグ

1/4
677人が本棚に入れています
本棚に追加
/219ページ

プロローグ

 アイスピック  の、ようなもの  こんな表現を、夕暮れ時のニュース番組やスマホのネットニュースでたまに見かける。  待てよ。アイスピックはアイスピックでしかないし、似たようなもの、形を想起させるものなど存在するのか?  薄暗がりのキッチンで、冷蔵庫の前に立つ兄。(しず)かに(たたず)む覇気の無い背中を、極限まで研ぎ澄まされた鋭利な視線で睨みながら。ふとそんな妄想に浸ってしまっていた。  そう、今まさに突き立てたかったのだ。この背中に。の、ようなものではなく。 「ついにさ。刺してしまったのだよ」 「ん? なになに?」  トマト、ピクルスに肉厚のパテ。零れ落ちそうなほど(とろ)けたチェダーチーズ。全てを貫くピックをひょいと引っこ抜き、包み紙に(くる)む。大きな目を輝かせながら大口を開けて噛り付く美樹(みき)が、話半分といった感じで聞き返す。 「あの忌々しい背中にさ、アイスピックを。そしたら背中に小さな穴が空いて、怒涛のように空気が漏れて。兄は窓を突き破って飛んでいってしまったわけよ」 「お星様になってしまわれたわけね」     
/219ページ

最初のコメントを投稿しよう!