第六話「思い出作り」

1/8
677人が本棚に入れています
本棚に追加
/219ページ

第六話「思い出作り」

「は~い、はいはい!」    食卓に鳴り響いていた箸の音が、ぴたりと止んだ。 「え、あ・・・・・・どうぞ、お母さん」  他にいるはずもないから、私が言うしかない。一家四人で食卓を囲んでテレビを見つめるという無垢な時間を、唐突に突き上げた母の右手が破ったのだ。 「旅行! 旅行に、行きたいです! 行きましょー!」  テレビには熱海を巡る旅番組が流れていて、源泉かけ流しの湯に浸かりながら鼻歌を歌うおじさんの顔がアップで映し出されていた。 「良いよ。行ってきなよ。ごはんとか、掃除とか洗濯とか。少しくらいみんなでどうにかなるし」  口の中に白飯を転がしながら、腫れぼったい目でこぼす弟。その言葉に、対面の父も小さくうんうんと頷く。 「ち・が・う! みんなで。”家族旅行”に行くの。いいじゃない? せっかく家族になったんだし、思い出沢山作らなきゃ」  母がふくれっ面で眉をしかめる。私はいつもの笑顔を張り付けて心なく笑っているのだが、内心いつかはこの時が来るんじゃないかと思っていた。ここのところ毎日、わざとらしく旅番組にチャンネルを合わせては、いいなあ、とか。行ってみたいなあとか。アピールに余念がなかったからだ。 「だってさ~。みんなで暮らし始めて一か月以上たつのに、四人揃うのは晩御飯のときだけだし。今いちまとまりがないっていうか、もっと絆を深めなきゃって思ったの。ねえ、いいでしょう?」  母は何故か真っすぐ私の方を見ている。父と弟のガードが堅いと悟ったのか、私を味方につけて突破口を開こうとしているに違いない。とはいえ、私とて素直に賛同できない。天然美人なお母さん。不愛想頑固おやじ。意味不明自由人弟。誰がお守りをするのだ? 私だ。 「そこまで言うなら」  空気が変わる。みんなの注目が集まった先は、父だ。 「私が車を出す。古い知り合いに、旅館をやっている奴がいてな。つてで色々と負けてくれるだろうから、そこにすればいい」  お母さんが笑顔を咲かせて拍手喝采する。弟と私は目線を合わせてげんなりしているのだが、父が乗ったインパクトで情勢は決まった。テレビの中では、突然降りだした大雨に大慌てでレポーターが雨宿りをしていた。にわか雨とは、まさにこのことのようだ。
/219ページ

最初のコメントを投稿しよう!