1

1/4
89人が本棚に入れています
本棚に追加
/23

1

   終点。終点。  ごく業務的に繰り返す言葉に、はっと目覚めた時、電車は真っ暗な景色を窓に映して停車していた。  反射的に立ち上がろうとすると、右肩に乗っていた何かがずり落ちた。 「っ……」  私が立ち上がった後のシートを枕にその人は小さく唸った。 「あの……終点、みたいですよ」 「えっ!?」  屈んで声をかけた私と、急に起き上がった彼とどちらが悪いのか、示しあわせたようなタイミングでごつんと、頭がぶつかった。 「……いったぁ……」  相手も相当痛かったと思うけど、さすがに男の人だからか先に顔を上げた。 「すいません!……だいじょう……というか……」  その人が口ごもった時 「終点です。この列車は車庫に入ります」 と車掌さんが急かすように私たちの前を通り過ぎて、私たちは急ぎホームに降りた。
/23

最初のコメントを投稿しよう!