1/4
88人が本棚に入れています
本棚に追加
/23

 確かに、半分といえば半分だったけれど。  部屋に通されて、宿の人が下がるとその人は大きな溜息をついて、がっくりと座卓に上半身を突っ伏した。 「……大丈夫ですか?」 「……ごめん」  あの自販機の少し先で駅からの道を逸れてからは、どんどん道が細く暗くなり、最後はそれぞれのスマホの明かりで石段を照らして上って……やっと辿り着いたと思ったら車が通れる別のルートがあったということを宿の人に聞いて。 「……申し訳なかった」 「でも車の方の道だと遠回りって言ってたし、あの道で良かったんですよ。それ以前に私は地図苦手なので、ここに着けただけで」  顔を伏せたまま、彼は言った。 「……一緒に乗り過ごしたのが君でとても救われてる」 「それは、言葉通りでいいんでしょうか」 「嫌味じゃないよ……ああ、そうだ」  彼は思い出したように顔を上げた。 「さっきのお茶」
/23

最初のコメントを投稿しよう!