1/2
88人が本棚に入れています
本棚に追加
/23

「じゃあ、電気消しますよ」  部屋の端と端に布団を引き離して、間に座卓を置いて。  彼は上着を脱いでネクタイを外しただけで。  私は後ろを向いてもらって浴衣に着替えて。  昔ながらの天井から下がった蛍光灯の傘の紐に手を伸ばすと、彼が布団の中から言った。 「俺、真っ暗は嫌なんだけど」 「……じゃ、小さいの点けます」  紐を一度引いて淡い常夜灯にして布団に入った。 「それじゃ、おやすみなさい。ありがとうございました。今日は」 「……おやすみ」  建物は古そうだけれど、シーツは清潔でいい匂いがする。  目を閉じたらすぐにも眠れそうだけど、彼は違うんだろうな、と考えた。  何でもすごく考えて、他人のことも気にして。  普段から職場でもあんなだったら、生きてるだけで私の何倍も疲れていそうだ。  ……などと考えていると 「あのさ」 と声がした。
/23

最初のコメントを投稿しよう!