4/4
93人が本棚に入れています
本棚に追加
/23
「……そんなの、気にしなくていいのに」 「勝手に、何とか無事に帰さなきゃと思ってたんだ。……これでやっと肩の荷が下りるけど」  ショルダーを肩にかけ、ベンチから立ち上がった彼に、私は言った。 「あの、……もし、また安眠したくなったら、こんな肩で良かったらいつでも貸しますから、連絡先交換しませんか?」  それは、また会いたいとかそういうことではなかったけれど。  このままこの人を日常に返したら、いつかポキッと折れてしまいそうに見えた。  彼は真っ直ぐ前を見て言った。 「そういうのは好きじゃない」 「……そうですか」 「『一応』の連絡先なんて使う予定が無いものは要らない。……使う予定があるなら交換してもいい」  ぷっ、と吹き出したら 「……ほら、もう乗るよ」 と背中を叩かれた。
/23

最初のコメントを投稿しよう!