ビルボグレイと窓の外の魅惑の巣材

ビルボグレイの小さな冒険の物語

27 3,334

13分 (7,762文字)
鳥はいつも大空に飛び出そうと狙っています

あらすじ

毎日、窓の外を眺めていた小鳥、 空への憧れは、いつしか脱走という野望にかわる、そしてとうとう外界へと飛び出して行くのだが… ◆飼い鳥が大空へ舞い上がると迷子になり、自分のお家がわからなくなってしまいま

感想・レビュー 7

僕も小学生の頃に九官鳥を飼っていましたが、母親が籠の掃除をしている時に、 風呂場の窓の隙間から逃げ出してしまった。 主人公のビルボクレイと同じように、あの九官鳥は自由を求めていたのだろうか。 それとも
鳥のビルボグレイの小さな大冒険の話。 下僕(鳥天さんなのかなぁ?)と呼ぶ人間に世話をされて育った鳥、ビルボグレイ。 「自分と同じ姿の鳥はまわりにはいない。僕はだれなんだろう?」 「窓の外には青空。いつ
レビュー失礼いたします。 家にもセキセイインコ(パイド)がおります。 小鳥の大冒険…でも人間目線ではなく小鳥の目線から見た大冒険に時折くすりとなったり、こちらまでドキドキしたりと楽しく拝読させていただ
もっと見る

その他情報

公開日 2018/10/18

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る