特集
ZERO

ZERO

団地の一室で女性遺体が発見された。犯人、そして事件と向き合う刑事の思いとは……

船越みなと

2時間39分 (95,285文字)
ZEROシリーズ 1作品目です。

183 729

あらすじ

警視庁捜査第一課には特殊な警部補が存在する。 彼の名は荒木零士。 組織から外れ単独捜査を好む男だ。 捜査一課から離れ、資料室の一角にデスクを構え独自で捜査をする。 何故彼はその選択をしたのか。 それは

シリーズタグ

感想・レビュー 2

刑事ものの小説ですが、推理小説というよりもジャンルの通りヒューマンドラマの要素が強い小説でした。事件に関わる刑事その他警察関係者、被害者及び加害者の知人の心情が交錯して編み出されています。感情バイアス
ネタバレあり
1件
39ページまで読ませていただきました。 やっぱり励ましあおうサークル、リレーレビューしようから来ました、さつきなです。 緊張感がとても伝わる出だしでした! 情景と心理描写がうまく交わって分かりやすく
ネタバレあり
2件

この作者の作品

もっと見る