Ennuyeux

1/5
142人が本棚に入れています
本棚に追加
/55

Ennuyeux

 ガラスケースに並ぶ洋菓子。目をキラキラとさせながら自分の作った菓子を選ぶその姿を見るのが好きだ。  幼い頃、近所の洋菓子店でガラスケースに顔を近づけ、色とりどりのケーキを眺めては自分も目をキラキラさせていたものだ。  パティシエの道に進んだのも、自分もケーキを作ってみたいと思ったから。  フランスへ学びに行きたいと言えば、家族は後押しをしてくれた。そのお蔭で充実した時間を過ごさせてもらった。親と姉には感謝してもしたりない。  帰国し、店も開く時も協力してくれた。本当にいい家族を持ったものだ。  フランス語でLe Sucre(ル・シュクル)、砂糖の事を意味する。佐藤龍之介(さとうりゅうのすけ)のファーストネームと甘いという意味をかけ、ルの部分は仏語のまま、Sucreはカタカナ表記でLe・シュクルという店名にした。  従業員にも恵まれた。蒼士は素直で明るい子で、ヴァンドゥール、ヴァンドーズもお菓子が好きでいい子達ばかりだ。  それから三年。店は順調だし、常連客もいる。  ただ、一つだけ、 「龍之介さん、お疲れ様です」  金曜の夜に店の外で待つ優れた容貌の男さえ存在しなければだが。 「客に迷惑だから、外で待つのやめて貰えないか」 「でもここなら邪魔になりませんよね?」  この、減らず口が。しかも従業員用の出入り口で待っている所が、龍之介を余計にイラつかせた。 「お前の存在自体が邪魔」  彼を手で押しどかして表通りへと向かうが、その後ろを当たり前のようについてくる。 「金曜日ですし、この後、飲みに行きましょうよ」 「俺は明日も仕事」  関町は明日が休みのようだが、Le・シュクルの定休日は木曜・祝日だ。 「じゃぁ、食事に」 「一人で行け」  そう冷たくあしらい歩き出す。 「おやすみなさい」  その声に振り返らずに手を振って応えるだけ。きっと彼は姿が見えなくなるまで見送っているのだろう。
/55

最初のコメントを投稿しよう!